「へその緒」保存と役割、その後どーする? | イクメンのブログ【愛のむきだし】

IMG_1636.JPG

へその緒がとれました。

とても見栄えが良いものじゃないけど
日本ではへその緒をとっておくのが一般的。

海外ではあまりみられない風習の様です。

東南アジアで稀に日本と同じ様に
へその緒をとっておくことがあるようです。

そもそもへその緒って
どーして保管しておくのか
知っていますか!?

いくつか理由があるみたいです。

一つ目の理由

”子供が大病を患った時に飲ませると
命を繋ぎ止めることができる”
と信じられていたということ。

科学的な証明は無いものの
人にはプラシーボ効果という驚異的な力があって
この様な言い伝えは時に科学をも超越しますよね。

二つ目の理由

自分が死んだ時に
子供のへその緒と一緒に
埋葬してもらうことで

現世での悪い行いがあっても
へその緒を見せれば許してもらえる

という言い伝えがあります。

それだけ子供を産むということは
”偉業”であるということ。

僕も嫁ちゃんの出産には立ち会えなかったのだけれど
陣痛が始まってから産まれるまで
およそ12時間の格闘を知っているだけに

この言い伝えには納得がいきます。

色々な言い伝えがありますので
調べてみると面白いかもしれませんよ。

子供に「なんでコレをとっといてるの?」っと聞かれた時、
自分なりの答えがあるとカッコ良いですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ